犬の症例

写真か症例名をクリックすると詳細情報をご覧いただけます。

犬の脊髄腫瘍

2ヶ月前より頚部を痛がるようになり、その後は徐々に四肢の麻痺の症状が認められるようになりました。・・・

・・・続きを読む

動脈管開存症(PDA)

動脈管開存症は出生後も動脈管が開いたまま残存している疾患(先天性心奇形)です。・・・

・・・続きを読む

このページのトップへ戻る

症例紹介